☆悪徳競馬予想会社★



具体的な会社名を出すとトラブルの元ですので敢えてA社としておきますが、新聞や雑誌にデカデカと広告を出してる会社です。


私が初めてこの会社に入会して情報を聞いたのがセイウンスカイの菊花賞。


そしてセイウンスカイの単勝を20万円買えという指示でした。


まあ、普通は競馬に20万円を突っ込めませんよね。


でも当時、私はその年の札幌3歳S(現2歳)で100万円を当ててたので金はあったんです。


なので思い切って購入すると結果は見事に的中で約80万円の払い戻しを手にすることができました。


生まれて初めての大勝負で勝った私はこの会社に心酔してしまいました。


しかし、その後は鳴かず飛ばずの展開が続き資金は底をついてきました。


そんな時、VIPコースというのが新設されたんです。


それまでの情報料が1開催5万円に対してVIPコースは何と45万円です。


当時の私は大バカでしたので入会してしまったんです。


そして忘れもしないのが1999年・4月の東京11Rオアシスステークス


このレースで馬連を10万円の3点買いしたら275万円返ってきたんです。


もうそうなるとキチガイの私は暴走機関車に乗ったようなもんです。


シルクロードSでトキオパーフェクトに100万円を賭けたり、


スイートピーSでステファニーチャンの単勝に70万円を賭けたりと暴挙の繰り返し。


確かベルサーチの60万円のスーツを購入したのもその時ですね。


結局、そんな無茶苦茶な賭け方がいつまでも続くはずもなく、


いつしか手持ちの金も無くなり親にも随分と借金してしまいました。


まあ、その時の負い目があるから未だに親の借金には強く言えないのですがね、、、。


そしてようやく目が覚めたのが、その年の宝塚記念の頃ですね。


その当時はあまりネットで調べ事をする習慣が無かったのですが、


ふとその予想会社を検索してみると出るわ出るわ、悪事の数々が、、、。


被害者の掲示板などもあり、同じように騙された人達の悲鳴が聞こえてくるようでした。


そこで初めて目が覚めました。


そして世の中のカラクリに気が付きました。


甘い話など無いことを、、、。


そして情報量が高いんだから安心なんていうのは勝手な思い込みだったこともね。


さらに、バカがバカなままなのは自分で学ぼうとせず人に頼るからだという


至極当たり前のことも高い高い高い高い高い高い授業料を払って学びました。


なお、現在も悪徳予想会社は無数に存在してますが、


その被害者が何かの拍子に私のサイトに辿り着いて目を覚ましてくれれば幸いですね。




再度言いますが、世の中に甘い話はありませんよ!




ドーン!!(喪黒福造)




社長のつぶやきへ戻る

TOPページに戻る


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー