☆まさかの首実検★



これは前回の面接落ちから間もない時に食らったダブルパンチです。


なお、首実験とは待ち合わせで顔を見られた瞬間に逃げられることを意味します。


この日のお相手は18歳のフリーターでした。


一応、前回の反省を踏まえて今回は事前に写メールを交換してたので面接落ちの可能性は低いだろうと思ってました。


そして待ち合わせの時間になり相手から『どの辺に立ってるの?』という電話がきました。


まあ、ここで普通に答えてれば問題は無かったんですが、


なぜか悪戯心が芽生えてしまい、『ごめん、実は俺は40歳のオッサンやねん』と言って、


近くに立ってた汚ならしいオッサンの特徴を言ってしまったんですよね。


もちろん、すぐに冗談やと言うつもりだったのですが、


そんな暇もないほどに即効で電話が切れてしまい、挙句の果てに電源を切られてしまいました。


一応、誤解を解くためにメールを送ってたのですが見てくれるかどうか、、、。


結局、終電間際になってようやく誤解が解け会うことができたのですが、


もう完全に女の方が冷めきってしまい修復は不可能。


なので5分ほど話して解散となってしまいました。


まあ、今回は首実験と言っても私の顔が原因で逃げられたわけではないのですが、


それでも余計なことをしたばかりに貴重なチャンスと時間を無駄にしてしまいましたね。


ほんま、後悔先に立たずとはこのことですわ、、、。



TOPページに戻る


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー